青い鴉のブログ

光のプログラマーの青い鴉(ぶるくろ)が情報発信していくブログです。

I004 2017ゲムマ秋 12/2(土)「組み立ての果てのヘレン」アーカムソフト

よく来たな。青い鴉(ぶるくろ)だ。このコーヒーはサービスだから、まずこれを飲んで落ち着いてほしい。
何? コーヒーは苦くて飲めない? 砂糖入れてもダメ? ……そうか。すまんな。

今回ぶるくろがブログ記事を書いた目的は3つある。
1つ目は、過去の記事が埋もれてしまって読めないという状況を打破するため、リンクを貼りたかった。

新作ゲーム「組み立ての果てのヘレン」
「組み立ての果てのヘレン」の世界観
「組み立ての果てのヘレン」の雰囲気紹介
「組み立ての果てのヘレン」のロボットのサンプル
「組み立ての果てのヘレン」の戦闘(図を追加)
I004 2017ゲムマ秋 12/2(土)「組み立ての果てのヘレン」アーカムソフト

2つ目は、印刷所から無事にブツが送られてきたのでその報告と、写真(カードは一部のみ)を撮ったので、それを載せたかった。

3つ目は、ルールの掲載だ。「組み立ての果てのヘレン」は1000円だが、その1000円をぶるくろに渡すのをまだためらっている者にとって、ルールは購入の参考になる重要な資料だと聞いた。そこで、掲載に踏み切った。

ルールを読んで買う勇気が出たのなら、「組み立ての果てのヘレン」はゲームマーケット秋 12/2(土) I004 アーカムソフトで1000円で買えることを思い出そう。
もしルールに不明点があればツイッターの @bluecrow2 に何でも質問してくれ。

今回は、以上だ!

【Softalk(ソフトーク)用】スーパーゆっくり【チート辞書】 Softalk1.93.20での辞書のUnicode化に対応

Softalk(ゆっくりボイス)支援辞書
チート辞書「スーパーゆっくり ver.20170408」ゆっくりを賢くする辞書です

 ソフトークに付属する辞書は貧弱で、そのままだと小中学校で習うような二字熟語や四字熟語、麻雀用語などを正確に読み上げてくれません。

 そのためソフトークを読書や、文章の校正などに使う場合、読み間違いが気になってイライラします。このイライラを解消するのがこの辞書です。

 また実況動画の製作などでは、わざわざひらがなに変換して打ち込む必要があり、膨大な手間がかかり、ミスも発生しがちです。

http://www.arkhamsoft.jp/

 上記辞書を導入することで、この問題を改善することができます。
 ぜひ使ってみた感想などをお聞かせください。

2017/04/08 Softalk1.93.20での辞書のUnicode化に対応

2017/02/13 四本目の剣(4th Sword) 2人用 5~15分 メモ用紙2枚とペン

f:id:bluecrowp:20170227204943p:plain

四本目の剣(4th Sword) 2人用 5~15分 メモ用紙2枚とペン


ストーリー

 あなたは四本の剣を操る剣士です。あなたの相手もまた然り。出会ったならば決闘です。三本目までの剣は相手を圧倒するためにあり、その後、四本目の剣こそが命を削る剣となります。決闘は最大3回の勝負で構成されます。さあ、読み合い、斬り合い、殺し合いましょう。

 

ルール

 

プレイヤーはそれぞれライフ5を持つ。
3回の勝負を行う。勝負の手順は以下の通り。
(一気型)

 壱の剣、弐の剣、参の剣、死の剣に戦力20を振り分け、メモする。0は可。マイナスや整数以外は不可。

 次にメモを見せ合い、壱の剣と壱の剣、弐の剣と弐の剣、参の剣と参の剣で戦闘(数比べ)を行う。

 数字が大きいほうが勝ち、勝ちが多かったほうが勝負に勝利する。引き分けは引き分け。

 死の剣は戦闘はできないが、勝負で勝利した際に相手のライフを数字のぶん減らす。
ここまでが一回の勝負。
先に相手のライフを0以下にするか、最後にライフが大きかったほうがゲームに勝利する。ライフが同じならば引き分け。

 

(選択型)

勝負の方法だけが違う。

 戦力20を四つに振り分け、それぞれ別の紙にメモする。0は可。マイナスや整数以外は不可。

 次にメモを一枚選んで互いに見せ合い、戦闘(数比べ)を行う。数字が大きいほうが勝つ。引き分けは引き分け。

 これをあと二回繰り返し、勝ちが多かったほうが勝負に勝利する。
 選ばず残った一枚は戦闘はできないが、死の剣として、勝負で勝利した際に相手のライフを数字のぶん減らす。

ここまでが一回の勝負。

 

(即決型)

勝負の方法だけが違う。

 戦力(勝負の最初は20)を超えないように数字を一つメモする。0は可。マイナスや整数以外は不可。メモした数字分戦力は減る。

 次にメモを見せ合い、戦闘(数比べ)を行う。数字が大きいほうが勝つ。引き分けは引き分け。

 これをあと二回繰り返し、勝ちが多かったほうが勝負に勝利する。
 勝負で勝利した際に相手のライフを残った戦力の数字のぶん減らす。

ここまでが一回の勝負。

 

フレーバー(雰囲気)ルール

 相手のライフをマイナスにした場合、あなたは「オーバーキル」の称号を得る。

 

スペシャルサンクス

 回路チャットの皆、デスちゃん

2015/11/05 はいこちら旧冒険者ギルド+マグタイトサーガ 個人出版

ふと思い立って、Kindle Direct Publishingで個人出版してみました。
はいこちら旧冒険者ギルド+マグタイトサーガの二本立てです。

f:id:bluecrowp:20151105183920p:plain

はいこちら旧冒険者ギルド


 百年ほど前、かつて全盛を誇った冒険者ギルド。しかし今では見事に落ちぶれ、見る影も無い。僕の名前はヒューレット。取り潰された冒険者ギルドの跡地で、未だに送られてくる苦情の対応をするのが僕の仕事。「はいこちら旧冒険者ギルド」だがその受話器を置くころには、ありふれた日常は脆くも崩れ去ろうとしていた――闇の軍勢が来るのだ。

マグタイトサーガ

 チートも魔法もほとんど無い世界「アール」。剣道一筋の関口コータ十六歳はマグタイト文明花咲く「アーランド王国」に唐突に召喚された。コータは一本の剣を得て、商隊を助け、傭兵となる。しかしその剣こそは伝説の武具「祝福と呪いの剣」であった。勇者コータの冒険が始まる。

こちらで売っております。買ってくださると嬉しいです。ツイッターこちらです。

www.amazon.co.jp

2015/01/11 キッチンタイマーと共に生きる

 最近の私は、キッチンタイマーと共に生きている。キッチンタイマーは正確だ。掛けた時間になれば必ず耳障りな音で鳴り響き、私を強制的に覚醒状態(残念ながらただ起きているだけでは完全に覚醒しているとはいえないのだ)に持っていく。キッチンタイマーは間違わない。無慈悲で、冷酷で、鋭利で、そして、とても便利だ。今回はそのことについて書こう。

 いまの私は、ニートの時とは違って、無期限に休めるほど時間を持て余しているわけではない。平日は基本的に仕事をしているから、タイマーを付けずに休憩する(そしてうっかり寝すごす)ことに常々恐怖している。もしぐっすり寝てしまって、翌日の昼間すぎに起きたらどうしようかと本気でビビっている。ある種の病的な心配性への抜本的な対策。それがキッチンタイマーである。

 http://www.amazon.co.jp/dp/B002K6EWW4

 とはいっても、24時間、常にキッチンタイマーを設定しているわけではない。設定するのはあくまで、私自身が何らかのモード(たとえば思索モードや休憩モード)に入りたいと思ったときに限られる。たとえば5分後に鳴り響くように設定されたタイマーは、私を勇気付ける。それは5分後の私はまず間違いなく覚醒状態にあると信じさせてくれるから、安心して5分間の休憩を取ることができる。

 タバコ休憩のような感覚で、私は5分間の休息を得る。それはディスプレイを眺め続けて酷使された目を休めるためでもあるし、張り詰めた緊張の糸を解きほぐすためでもある。仮眠(寝ているわけではないが、目を閉じて休んでいる)していることもあるし、その5分間の間にまた作業を再開することもある。それは私の作業に必要な時間割であって、タイマーが鳴り響く度に、私は奮い立つのだ。

 昼食休憩のときには、さらにキッチンタイマーのありがたみは増す。12時から13時にかけての休憩時間中、私が時計を確認することはあまりない。いや、無いように心がけている、というべきか。食事が終わって、残り25分になっていることを時計で確認したら、あとは25分後にタイマーをセットして、私は思索の海へと降りて行く。そこでは言語化しづらい抽象的な概念やらスケジュールやらが、広大な海に住む生物群のようにごゆごゆとひしめきあっていて、私はそこから昼過ぎの仕事に必要なアイデアを引き出してくるというわけだ。おっと、ちょっと話がわき道にそれた。

 同じくタイマーを使ったライフハックとしては、ポモドーロ・テクニックというのもある。これは25分のタイマーをセットして仕事し、そのあと5分の小休止を挟むというやり方だ。私は時々これを試している。別に25分に拘っているわけではないし、たまには時間を忘れて仕事したくなることもあるので、あくまで時々だが。

 なんであれ、私は自分がキッチンタイマーによって管理されることを好んでいるのは確かだ。その結果として私の生活レベルは向上していると思う。皆さんもぜひ、キッチンタイマーと共に生きてみてはいかがだろうか。

2015/01/04 青い鴉(ぶるくろ)の新年の抱負

 昨年12月25日で32才になった。こんな年齢になっても、真実がどうだとか、愛とは何だとか、あれはステマだとか、これは虚無っぽいとか、意味不明なことを呟いているのは色々ヤバいと思うが、中二病を直したところで次のステップに進めるという保証も無いので、特に直すつもりも無い。

 改めて2014年を振り返ると、まさに激動の年であった。

 NEET株式会社の取締役として色々活動したり、カードゲーム「ダイヤを掘ろう!」を作ったり、恋人ができたりした。次に、同棲のために引っ越したり、就職活動をしたり、病院を変えたりした。その後、在宅で働かせてくれる会社を見つけ、師走にまた引っ越したりした。

 その中でも、一番の変化はやはり恋人ができたことであろう。2月から始まった全米号泣、映画化待ったなしのニートニートのラブストーリーは一向に終わる兆しが無く進展し、現在彼女とは結婚を前提に同棲生活中(6ヶ月目)である。オーケー、リア充爆発しろ!と思ったそこのあなたは正常だ。今私はすごく幸せなので、可能なら幸せ成分をおすそ分けしたいくらいだ。

 また、引越しに伴って、病院と薬の処方を変えたことが功を奏し、元ニートの彼女の病状はかなり良くなった。ひきこもって寝てばかりだった彼女の病状は安定し、最近では(彼女曰く、学生時代の頃のように)イラストを描くなど、徐々に活動的になってきている。

 愛は剣よりも強し。ンッン~ 名言だなこれは。

 さらに、就職(正社員になったら再度報告する)が決まりそうなのも良い流れである。

 思うに、就職氷河期に世相に流されるままに派遣社員になってしまったことがその後の人生を決めてしまったのは間違いない。一時は栃木から東京に出て働いていたが、父の死去と共にうつ病(※正確には違うのだが)を発症、強制送還、入院、退院、再発、などなどのコンボを決めてしまい、私の社会人生命は完全に絶たれたかに見えた。
 だが、私の性格・人格は約2年くらいの闘病生活中にだいぶ成長した。速読という特殊能力を失いはしたが、人付き合いも普通にできるようになり、偏屈な性格もだいぶ改善されたように思う。
 あとは血友病うつ病の両方を受け入れてくれる会社があれば……と思っていたところで、恋人ができ、会社が見つかった。なんたる幸運であろうか。

 そんなわけであるから、契約社員から正社員になったら弊社には最大限貢献したい。

 それにつけても、30才になったときに打っておいたNEET株式会社という布石には、大いに助けられた。恋人も就職もNEET株式会社のおかげであるとすらいえる。就職するにあたり取締役は辞任してしまったが、NEET株式会社の末永い存続と発展を願わずにはいられない。

 さて、今年の抱負であるが、まず彼女と結婚したい。そのためには仕事を頑張らねばならぬ。愛の力を仕事への熱意に変えて、仲間と共に戦っていきたい。
 さらに言うと、血友病である私が結婚をするということには、大きな意味と価値があると信じている。遺伝性の不治の病である血友病を持つ人々に、「この病気を持っていても幸せになる権利はあるのだ」と声を大にして言いたい。

 障害者であっても、諦めず努力すれば、道は開ける。その言葉を、2015年の抱負に代える感じである。

2015/01/03 青い鴉(ぶるくろ)と血友病A

 私は血友病Aという先天性の難病(特定疾病)を持って生まれてきた。血友病というのは普通の人と比べて、血が止まりにくい病気である。止血に関わる第八因子が欠けているために、止血プロセスが正常に機能しない。したがって出血が起きた場合、注射キット(最近は技術の進歩でひとまわり小さくなった)で第八因子を血中に補充しなければならない。さもなくば死ぬ。

 いきなりネガティブな面から自己紹介を始めるのは自己アピールや面接術としては愚行だと言われている。でも今の私を形作る上で欠かせないもの、それは病気の話なのである。私はこの病気と共に生きてきたし、これからも生きていくだろう。したがって、私としては、血友病について、あらぬ誤解を抱かれては困るのである。 

 色々な点で、私は非常に恵まれている。まず、血友病というのは、世が世なら最初の怪我で出血(または内出血)して即死する病気である。生まれてから早いうちに病名を特定できたのは幸せだったといえる。次に、補充療法である血液製剤(のちに非血液製剤に移行)が存在していたことが挙げられる。最後に、親や教師に理解があったため、普通の学校に通い、学校のクラスメイトに対して病気をカミングアウトすることができた。これらの点を総合して、私は非常に恵まれていると考える。

 音楽合唱部や美術部に籍を置き、いかに過度の運動を避けたとしても、子供時代は、足首をくじきやすい。その都度、私は保健室の冷蔵庫から製剤を取り出し、自己注射することになった。左足首をくじくとそれをかばって右足首も痛くなる。そういう負のスパイラルに陥ることを防ぐため、何日も注射を打ち続けた日もある。なんだか面倒くさいな、というのが当時の感想であった。

 先天性というキーワードで察した方もいるだろうが、血友病は遺伝性の病気である。世が世なら、若くして死んでもおかしくない。だが不思議と、両親を恨む気持ちにはならなかった。先ほど述べた通り、私は十分に恵まれている。五体満足に産んでもらったことを感謝せずに、たかだか血液の不調のために、親に文句ばかり言うのは非生産的だろう。そして私は非生産的なことが嫌いな子だった。

 私が好きな思考法の中に、「消去法」というのがある。まず全ての可能性を列挙し、そこから不可能なものを消していくというものだ。そうやって、野球がダメなら合唱を、サッカーがダメなら美術を頑張ればいいと割り切った。バスケがダメなら勉強でトップになればいいと結論した。

 そして、おそらくそれが私の基本的な哲学になったのだろう。もし、何らかの理由で、無数にある可能性のうちの何割かがダメになってしまったとしても、それでも私は決して諦めない。大切なのは、人生というゲームで、常に最善手を打ち続けて幸せを掴むことだと考えている。

 神様がいるかどうかは知らない。運命があるかどうかも知らない。けれども私の生き様はきっと、神や運命への挑戦なのだろう。2015年、正月。