青い鴉のブログ

闇のプログラマーの青い鴉(ぶるくろ)が情報発信していくブログです。

【日記】カレーポーカー制作日誌その2

カレーポーカーの楽しさとは?

カレーポーカーの楽しさの多くを占めるのは、MtGなどのカードゲームでおなじみのドラフトという用語です。

ドラフトとは何か? まず、それぞれのプレイヤーが5枚(2人プレイ時は6枚)を手札とします。そして、各プレイヤーが同時に手札から1枚ずつ選んで伏せます。次に、残りの手札を次の人に回します(つまり同時に、前の人から手札が回ってきます)。これを5回繰り返し、5枚のカードを伏せるまで。これがドラフトです。

カレーポーカーはいわゆるドラフトゲーです。自分が何を選んだのかを記憶するのはもちろん、相手が何を選んだかを推理することもゲームに含まれます。

f:id:bluecrowp:20140920210709p:plain

イラストはにんじん子。かわいいですね。だいだい色の髪に、緑のカチューシャと髪留めをつけているのがこの子の特徴です。

ゲームマーケット2014秋で、にんじん子と握手!