青い鴉のブログ

闇のプログラマーの青い鴉(ぶるくろ)が情報発信していくブログです。

詩篇。

WEBにおいてポエムを流通させるというのは、その筋の人にとって夢であり野望であるわけだが、
きっと小麦粉がグラムいくらで流通しているのか知らない人が多いように、
やっぱり一般人にはよくわかりませんよね。つまりポエムとは詩篇であり、あるいは曲がつけばそれは
歌となって未来永劫人の心に響き続ける呪詛に変わったりするかもしれないスタンド能力

ロックはもう終わりだ。これからは鋤の音を響かせよう。そんな意見もあるようですが、やっぱり芸術とはよいものですね。

ところで僕が書いた傑作の中に「ウニとクリは似ている」というポエムがあります。
僕が寝ているときに夢に見た、まったくもって破滅的で冒涜的な生物がのたくった痕跡として
原稿用紙上に形成された意味不明なカリグラフが意味するものをなんとか人類の知覚の範囲内で
くみ取った結果、おそるべき事実が判明しました。

それは高度な魔術は非常に原始的な認識をいっそう際立たせるのであって、呪われた詩篇
事実の追認という誰にも否定できない現実固定魔術を今の世に復活させる高高度呪術の完全な
作用として認識を侵食してゆかざるをえないということであります。